FC2ブログ

当院の小児科について

以下は当院のホームページの小児科のページからの転載になります。一部、加筆しています。

小児科では風邪・気管支炎・肺炎・腸炎などの感染症や気管支喘息・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎・食物アレルギーなどのアレルギー疾患、低身長や肥満・思春期が早く来てしまった・思春期が来るのが遅いなどの内分泌代謝疾患、てんかんなどの神経疾患を主に診ています。
また予防接種にも力を入れており、風邪のお子さんと一緒にならないように予防接種外来を設けているほか、御都合が合わない方には午前の一般外来でも対応しております。
予防接種は準備の都合上、原則として予約制としております。
小児科の対象となる患者さんは主に赤ちゃんから中学生までのお子さんですが、慢性の病気や発育発達に関する病気では高校生以降の患者さんも診ています。

1 感染症
発熱や咳、嘔吐など感染症に伴う症状は本人にとっても親御さんにとっても心配なものです。
適切な治療を心がけるだけでなく、どのような点に注意すべきかなどのアドバイスにも重点をおき、心配を軽減することも目標としています。

2 アレルギー疾患
気管支喘息の治療は小児アレルギー学会などが中心となって年々改善されています。
最近、特に重視されているのは「発作を起こさせない」ということです。発作を繰り返すことで将来的な症状の悪化・固定化につながる危険性がわかってきたためです。
このため当院でも「発作を起こさせない」ことを目標に治療を行っています。運動時(小さい子では激しく動き回ったとき)に咳が良く出るのは見逃されやすいのですが喘息の症状の可能性がありますので受診をお勧めしています。 またアナフィラキシー(アレルギー反応による危険な状態)を起こしたことがある方やその危険性が高い方に対する応急処置薬のエピペンを処方することが可能です。

3 内分泌代謝疾患
身長が低い方の中には成長ホルモン補充療法などの治療が可能な方がいます。
また低身長以外に問題がないかという評価も必要です。一方、肥満も病的なものでないのかといった評価が必要ですし、治療を必要とする方がいます。
小児期の肥満はメタボリックシンドローム・生活習慣病・二次性糖尿病などにも関連してきます。思春期が早く来てしまうと最初は身長もよく伸びますが、その分早く止まってしまうため最終的には低身長となることがあります。

4 予防接種
予防接種では自然に感染するよりも安全に免疫をつけることができるため、当院では積極的に予防接種を行っています。
定期予防接種(受けるべきとされている予防接種)としては三種混合、麻疹風疹(MR)、日本脳炎を行っており、地域で接取できなかった人を対象としてBCGや二種混合も行っています。これら以外にも有料となりますが任意の予防接種としてインフルエンザ(小児では稀に脳症などの合併症を起こすことがあります、毎年の接種が必要です)、おたふくかぜ(200?3500人に1人くらいの割合で回復が難しい難聴を起こします、また髄膜炎などの合併症も起こしやすく、入院が必要なこともあります)、みずぼうそう、ヒブワクチン(細菌性髄膜炎の予防ワクチン)、小児用肺炎球菌ワクチン、子宮頚癌ワクチン、B型肝炎などが可能です。
感染の予防だけでなく集団生活を始める前に予防接種を済ませておくと急に長期間休む心配が減らせます。任意接種のなかではヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンやおたふくかぜワクチンはぜひとも受けていただきたい代表的な予防接種です。
プロフィール

豊郷病院小児科

Author:豊郷病院小児科
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード