インフルエンザ予防接種時の注意点

<卵アレルギーのある方>
アレルギーの程度によっては予防接種前に受診していただく必要があります。
その場合は状況によってアレルギー反応を見るための検査を行うことがあります。

受診の目安としては卵が原因でひどく発疹が出たり、呼吸がしんどくなったりして病院での治療が必要になったことがある場合や、血液検査で卵アレルギーの値が非常に強くて卵を食べることを医師から止められている場合、過去にインフルエンザワクチンを打った際にアレルギー症状が出た場合などです。基本的には接種はお勧めできませんが、状況によっては接種できる場合もあります。

卵を入っているものを食べても特に症状がないようなら問題はありません。

どちらとも判断しがたい場合は診察の上、接種可能かを判断することになります。
当院以外でアレルギーの診療されている方は可能であれば、予防接種の前に普段診ていただいている先生に接種可能かを確認して下さい。事前の検査が必要な場合はかかりつけ医で行ってもらってください。当院でアレルギーの診療をされている方は当院で対応いたします。


<1歳未満のお子さん>
1歳未満のお子さんは現在の日本の接種量では十分な効果が期待できません。欧米の量であれば効果があるのですが、日本は予防接種に関しては後進国であり、対応が遅れています。

打っても良いケース:2回目の接種予定日が1歳となるお子さん。生後6ヶ月以上で託児所などを利用しているお子さん。効果が少ないことを理解した上で念のため打っておきたい場合。

いずれにせよ同居されている家族の方(できれば全員)がインフルエンザの予防接種を受けていただくこと何より大切です(赤ちゃんだけの予防接種は無意味です)。


元に戻る
プロフィール

豊郷病院小児科

Author:豊郷病院小児科
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード